印鑑の知識|実印

イメージ画像

よく通信販売の番組などで、認印・銀行印・実印の「印鑑3点セット」などという言葉を耳にします。しかし、そもそもいろいろな印鑑と実印の用途による厳格な大きさの決まりがあるわけではありません。ですから認印用の10.5mmサイズの印鑑を実印として使用することも当然可能です。ただし、認印、銀行印、実印を同じ印鑑で使いまわすのは防犯上危険です。


そもそも、実印とは住民登録している市町村の役所に印鑑登録してある印鑑のことをいいます。銀行印とは銀行や各種金融機関に口座を設けるときに届け出る印鑑のことをいいます。認印は実印や銀行印のように届け出が必要な印鑑と異なり、日常生活の中で使用する印鑑のことをいいます。簡単にいいますと、宅配便の荷物の受け取りなどのときに使用される、いわゆる三文判というやつです。

これら3種類の印は使用する場所も目的も異なりますので1本の印鑑で併用したりするのは絶対にしてはいけません。実印は実印として、銀行印は銀行印として、認印は認印として3本別々のものを使い分けて管理するべきです。

実印は法律上、社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。実印は印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字を彫刻します。独身女性の方は将来的に苗字が変わる可能性があるので、名のみで彫刻されるかたも多いです。

実印は個人が使用する印鑑の中で法律上・社会上の権利・義務の発生を伴最も重要な印鑑のため、市区町村役所へ印鑑登録を行い、印鑑証明を受けます。契約書類、土地、家屋などの不動産登録売買、自動車登録等に使用し、財産相続など自分を証明する時などにも使います。



このページの先頭へ