象牙を使った日輪

印鑑イメージ

印鑑の言葉として、たまに日輪というものを聞くことがあります。なかなか聞きなれない言葉ではありますが、印鑑の最高級品のひとつともいえます。

印鑑の印材のひとつに、象牙があります。象牙はいまは手に入れることが難しく、扱える業者も限られています。
そのため、本象牙といわれるものは、しっかりと許可を取らなければ取り引きができないのです。
そのため、最高級の印材とも言われ、象牙の印鑑はとてもいいものが多いのです。

実印などは、これをつかうと、自慢の一品に仕上がることでしょう。

そんな本象牙は、通常は縦向きに印を彫っていくのですが、あえて横向きにほっていく方法があります。
これには大変難しい技術を必要としますが、それによって、まるで太陽のような美しい印鑑にしあがるのです。

そのため、横目日輪といわれるものは、とても良い印鑑であるといえるでしょう。
ちなみに、本象牙という言葉がある一方で、偽物といわれるような象牙の印鑑もあります。

一本モノではなく、象牙の粉をあつめて個体としたようなものやまったく別の材質のものを象牙と偽るようなものもあります。
これらは本象牙とはくらべものにならないくらい安いものがおおく、場合によっては間違ったものを売りつけられてしまうようなこともあります。

象牙の印鑑を購入する際には、こういった失敗を防ぐためにも正しい知識をしっかりと身につけておいたほうがいいのではないでしょうか。

ページの先頭へ