希少性の高い象牙

実印イメージ

皆さんは「実印」についてどのくらいの事を知っていますか?
実印とは、印鑑社会である日本では「本人であること」の証明として、市区町村区役所に登録してある印鑑のことで、非常に重要な印鑑のことです。

重要な契約時に印鑑登録証明とともに用い、実印を捺印することで、間違いなく本人によってその契約が結ばれたという認識がなされます。

そのため、実印には本人に関する情報、例えば戸籍などとと同じように、個人を特定するための極めて重要なものであるため、実印そのものに法的な拘束を有する権利があります。

実印の印影は完全にオリジナルなものになっている必要があるので、印鑑屋さんで手彫りで製作したものを使用します。
手彫りの印鑑は高価なので一生ものの印鑑になります。

印材にはいろいろな種類のものがありますが、水牛の角など高級な印材を使ったものが実印に選ばれることがあります。
また、印材のなかでも象牙をつかったものが最高印材であるといわれます。色艶や持った時の感触が、最高級品であることを物語るような使い心地です。

現在は自然保護の観点から象牙は入手の難しい印材となっていて、この稀少性も象牙人気の秘密となっています。
最高級の象牙「日輪」は象牙の中心部分を縦に採集することにより、木の年輪のような模様が入る象牙の印鑑です。

自分を証明する印鑑、実印ですので、できることならば印材を選ぶ際にも良く吟味して、自分だけの唯一無ニの印鑑。
納得のいった印鑑を1本は持っていても良いかもしれません。一生ものと考えれば決して高くはないのかもしれません。

ページの先頭へ